morishita-lawfirm

MENU

弁護士費用 −Attorney's Fee

費用について

弁護士にお支払いいただく費用は、ご依頼の内容により、おおむね「相談料」「着手金」「報酬金」の3種類となります。

1.相談料

ご相談の際にかかる費用です。
ご相談に対するアドバイス料となります。

40分につき5,000円(税別)

法律相談を経て、弁護士に事件処理を依頼される場合は、以下の費用がかかります。

2.着手金

正式に事件処理をご依頼される際、最初にかかる費用です。
着手金は先払いとなります。

金額は、ご依頼される事件の内容により異なります。

3.報酬金

弁護士が事件処理をした結果、その成功の度合によってかかる費用です。
報酬金は事件終了時のお支払いとなります。

金額は、事件内容と成功度合により異なります。

4.事件ごとの金額

事件ごとの着手金・報酬金の額は以下をクリックしてご覧ください。
なお、記載する金額は標準値です(税別)。事案の複雑さ、難易により変動する可能性があります。

着手金報酬金
通常30万円回収額の6%〜16%(注)
自動車保険特約保険特約の基準に従います

(注)300万円以下の場合は16%、3000万円以下の場合は10%+18万円となります。

着手金報酬金
任意整理5万円
(4社目以降 1社につき+1.5万円)
減額分の10%
民事再生(非事業者)40万円なし
自己破産(非事業者)20万円〜30万円なし
法人の債務整理50万円〜なし

遺言書の作成・支援

自筆証書10万円〜20万円
公正証書上記に加え、公証人手数料がかかります
遺言執行30万円〜(遺産額に応じて、遺産額の1%〜2%を加算)

相続財産の処理

相続関係の調査5万円〜10万円
相続放棄の申述2万円
遺産分割協議書の作成10万円〜30万円
遺産整理手続(注)遺産総額の1%(最低額30万円)

(注)相続人全員に争いがない場合、戸籍等取寄、協議書の作成、預金等の払戻しまで相続手続きが完了するまでお手伝いします。

裁判外での手続き(分割協議代理)

着手金報酬金
20万円〜40万円
  • 獲得した相続財産額(注)が、
  • 300万円以下 11.0%
  • 300万円を超え3000万円以下 7.0%+12万円
  • 3000万円を超え3億円以下 3.5%+117万円

(注)評価方法は、相続税を算定する際の財産評価基準とします。

裁判所での手続き(調停、審判)

着手金報酬金
20万円〜50万円(注)
  • 獲得した相続財産額が、
  • 300万円以下 22%
  • 300万円を超え3000万円以下 14%+24万円
  • 3000万円を超え3億円以下 7%+234万円

(注)「裁判外」から「裁判所」に移行した場合、追加の着手金は請求しませんが、報酬金は本算定表によります。

離婚等調停(審判)

着手金報酬金
親権の争点なし20万円財産給付総額の15%(最低額20万円)
親権の争点あり30万円財産給付総額の15%(最低額20万円)

離婚裁判

着手金報酬金
親権の争点なし30万円財産給付総額の15%(最低額30万円)
親権の争点あり40万円財産給付総額の15%(最低額30万円)
着手金報酬金
示談交渉10万円〜50万円程度経済的利益の5%〜15%程度(注)
民事訴訟20万円〜50万円程度経済的利益の7%〜22%程度(注)

(注)報酬金は、経済的利益の額に応じて上記範囲内で算定します。

内容証明郵便作成3万円〜5万円
各種契約書作成10万円〜30万円
着手金報酬金
20万円〜50万円10万円〜100万円

事案により上記範囲内で算定します。
(目安)窃盗事件により起訴され、執行猶予判決を獲得した場合、着手金30万円、報酬金30万円。

お問い合わせ/Contact Us

まずはお気軽にお問い合わせください。
ご相談は予約制となっております。

 086-436-6710

受付時間/平日: 9:30〜18:00

 初回相談(40分) 無料